ダイヤモンドシェーブ説明 PSS-165PRO スピコン搭載 小型チップソー切断機 Mr.パーチェンシェーバーPROオールマイティーモデル 山真製鋸

新型 Mrパーチェン・シェーバー PSS-165PRO は、
チップソー本体の外フランジ側に「ダイヤモンドシェーブ」を埋込みました。
これにより、鉄工材切断面のバリを削る事が出来ます。全ネジの先端研磨や、パイプの面取り加工にとても便利な機能です。 
「ダイヤモンドシェーブ」は、電子電鍍法でダイヤモンドパウダーをしっかりと台金に固着した、
電着ダイヤモンドディスクを採用しています。

001.jpg

004.jpg

003.jpg

002.jpg

●この切断機は連続使用に適していません。(定格時間30分)
●表は弊社実験数値を基に算出した目安です。材料によって異なる場合があります。
●部材はしっかりとバイスで固定して切断を行ってください。
●回転数が充分上がった状態から切断を開始してください。
●本機は電子制御の為、スイッチONから数秒でモーターが回転しはじめる構造です。
●切断する材料に適した目盛り数値で切断作業を行ってください。
●チップソー(純正刃)は、目盛り0(無記載)〜3でご使用ください。
●機械の故障の原因となりますので、必ず純正刃をお使いください。
●チップソーの切断能力が劣って来たら、交換および再研磨をしてください。
●切断砥石(別売品)は、目盛り3〜4の範囲でご使用ください。
●ダイヤモンドシェーブ使用時は、必ず「ストッパー」を差し込み本体をしっかり固定した状態でお使いください。